精子 増やす 運動

精子を増やすには運動が一番!オススメの運動はコレだ!

最近は精子の量が少ないという方が増えているようです。確かにテレビなどでも電子機器が発する電磁波によって精子が減っている、ジャンクフードの食べ過ぎで精子の質が悪くなっているという話を良く聞きますよね。

 

 

 

そんな減ってしまいがちな精子を増やすためには運動が最適です。この記事では運動をすると精子が増える理由や精子を増やすために有効な運動をご紹介しています。妊活が上手く行かないという方や、精子の量が少ないのではと不安という方は是非見てみて下さい。

運動をすると精子が増える理由

あまり関連性がないように思えますが、運動を習慣的に行うと生産される精子の量を増やすことが出来るようです。実際にアメリカの有名大学であるマサチューセッツ工科大学の研究によると、一週間のうち運動を1時間以上している人とそうでない人とでは精子の濃さに42パーセントの差があったのだとか。

 

これは運動をすると男性ホルモンである「テストステロン」が分泌されることが関係していると考えられています。テストステロンは筋肉を増強する働きに加えて、精子を増やす働きなど所謂「男っぽい」現象を司るホルモンですから、運動と精子の量との間には深い関係があると分かりますね。

 

 

 

また、テストステロンは見た目にも関係しています。最近は中性的な男性が増えてきましたが、これはテストステロンの数値が減少したために「男らしさ」が見た目に現れなくなってきつつあることが原因です。

 

実際に筋肉量が少なく脂肪の多い男性はテストステロンの値が低い場合が多く、酷くなると何ら病気などがあるわけではないにも関わらず自然妊娠が難しくなることもあります

 

 

 

現代人は運動不足の人が多い、とはよく耳にしますが運動量の不足は健康を妨げるだけでなく、テストステロンを減少させ男性的なセックスアピールすら奪ってしまうのです。

精子を増やすために有効な運動

運動が精子を増やすために効果的だからといってどんな運動をしても精子が増えるというわけではありません。運動の中でも特に精子を増やすために有効な運動をご紹介しますので、精子の量に悩んでいるという方は是非見てみて下さいね。

下半身の筋トレ

精子を増やすホルモンであるテストステロンは精巣から作られますから、精巣に近い下半身を鍛えると精子の量を増やすことが出来ます

 

 

 

例えばスクワットなどは精子を増やすために最適な運動と言えるでしょう。スクワットで鍛えられる太ももの筋肉は全身の筋肉の中でも特に大きな筋肉ですから、筋トレの効率が良く、短期間で精子の量を増やすことが可能です。

 

 

 

しかし、太ももだけを重点的に鍛えてしまうと見た目的にはアンバランスな体型が出来上がってしまうので、太もも以外にもお尻やふくらはぎなども鍛えるようにしてくださいね。

 

 

 

また、下半身では無いですが精巣に近い筋肉である腹筋を鍛えることも精子を増やすことに繋がります

 

 

 

腹直筋や腹斜筋からなる腹筋はすべて合わせても太ももほど大きい筋肉では無いので、そこまで筋トレの効率は良くありませんが、下半身をある程度鍛え終わった後にトレーニングする部位としては最適です。

有酸素運動

ジョギングやランニングなどの有酸素運動もまた下半身の筋トレなどと同様に精子の量を増やすために有効です。特に運動強度の高いランニングは高い効果を得られるでしょう。

 

 

 

とは言っても、有酸素運動では太ももなど下半身の筋トレによって得られる効果よりは若干得られる効果が薄いようです。

 

 

 

太ももの筋肉を増強することは精子の量を増やすために有効ではありますが、鍛えれば鍛えるほど筋肉が大きくなり、見た目を変えてしまいます。なので、マッチョな下半身になるのは嫌だけど、精子の量を増やしたいという方に有酸素運動がオススメですね。

精子を増やすためにしてはいけない運動

前項でご紹介した運動では無くとも、持続的に身体を動かす習慣を作ってさえいれば少しずつ筋肉の量は増え、それに比例して精子も増えていくでしょう。

 

しかし、運動の中には精子の量を減少させてしまうものも存在します。せっかく精子を増やすために運動を始めたのに、逆効果になってしまったら意味が無いですよね。精子が減る運動とはどんなものなのでしょうか。

自転車運動

自宅で手軽に出来る有酸素運動として人気の高いエアロバイクや、通勤やツーリングに人気のロードバイク等の運動は長い時間前傾姿勢を取り続けるため、性器付近に強い圧力が掛かり続けます。

 

 

 

1週間に1時間程度であれば問題ありませんが、毎日のように自転車運動を続けていると次第に前立腺が炎症を起こし始め、精子の運動量が低下してしまうのです。

 

 

 

これだけでも充分大きなダメージと言えるのですが、自転車運動を長期間続けていると精子のDNAが破壊され、精子の生産量が減少します。

 

 

 

DNAは一度損傷すると2度と治ることはないため、いくら強度の高い運動を続けたところでテストステロンの分泌量は増えず、精子を増やすことは出来ません

あまりにも激しすぎる運動

 

 

 

適量の運動は精子の量を増やすために有効ですが、3時間以上の運動などあまりにも激しい運動をすると、逆に精子が減ってしまいます

 

 

 

というのも、運動をすると強度に関わらず体内に活性酸素と呼ばれる物質が発生します。活性酸素とは読んで字のごとく活性化した酸素のことで、強い酸化力を持っているために老化を促進してしまうのです。

 

 

 

精子の生産量は老化が進むにつれて減少していきますから、激しい運動を長期間続けていると老化のスピードが早くなりすぎて、同年齢の方と比べると精子の量が少ないという状態になります。

 

目安としては1日の運動量を1時間程度に留めておくのが良いでしょう。それ以上の運動は精子が減ってしまう可能性があるため控えるようにして下さい。

 

 

 

また、精巣や性器付近に熱が溜まるような運動も控えた方が良いです。

 

 

 

先ほどご紹介した自転車運動に加え、一部の格闘技などの運動は精巣や性器付近に熱を溜まります。精子は熱に弱いという特徴を持っているため、それらの運動を続けていると、次第に精子の生産量が低下してしまうのです。

精子を増やす運動に加えてやっておきたいこと

精子の量を増やすために運動は最適ですが、それだけでは不十分です。例えば精子を劣化させ生産量を低下させる活性酸素を増やしてしまう習慣などは改善しなければいけません

 

 

 

また、精子の量と睡眠には深い関係があると言われています。睡眠不足はあらゆる体調不良を引き起こす原因となりますが、その中でもホルモンバランスの乱れに関しては充分注意しておく必要があるでしょう。

 

精子の生産量を司るテストステロンもまたホルモンのひとつですから、睡眠が不足すると当然分泌量が減ってしまいます。既にご説明しましたようにテストステロンの減少は精子の減少に繋がりますから、精子を増やすためにはしっかりと睡眠を取ることが大切なのです。

 

 

 

それに加えて精子を増やすためには食事習慣に気を配ることも大切です。例えば亜鉛やアルギニン、ビタミンEなどは健康な精子を生産するために必要不可欠の成分と言われていますが、現代人はこれらが不足しがちなのだとか。

 

現代人は精子の質を高め、増やすそれらの成分をあまり摂取していない上に、精子を減少させる原因となる物質が多く含まれたジャンクフードやコンビニ弁当を好む傾向にあります。

 

 

 

そんな食習慣を続けていてはいくら運動をしても精子の量増やすことは出来ません。心当たりのあるという方は、これを機会に食習慣を見直すことをオススメします。

まとめ

精子の量が少ないというのは男性にとって深刻な問題ですよね。特に将来子供を作りたいと考えている方にとっては特に重要なものとなるでしょう。

 

 

 

現代人は一昔前と比べると食事習慣が乱れていることに加えて、運動不足が深刻になっています。

 

 

 

食事習慣もそうですが、運動不足は精子の量が減少するだけでなく健康を妨げることにも繋がりますから、しっかりと対策をしておくようにしましょうね。